アイフルの在籍確認をなくした場合のデメリット


最近は在籍確認を無くす消費者金融が増えています。アイフル審査は早くから利用者の希望によっては在籍確認をせずに書類審査だけで融資の可否を判定していることから、比較的審査が緩い金融機関といわれることも有りますが、決してそのようなことは有りません。その為、在籍確認を無くした場合にはそれなりのデメリットが有ることを認識しておくことが重要です。
在籍確認は本人がその会社に現在勤務しているかどうかを確認するものですが、消費者金融の殆どがそうであるように、会社側には消費者金融で有ることを知られずに確認するため個人名で電話をするのが一般的です。さらに、不在や外出といった回答であって在籍していることが分かれば問題が無いため、何度も電話するということはありません。その為、よほどのことが無い限りは会社に知られることは基本的には有りません。
逆にアイフルでは在籍確認を無とした場合には直近の給与明細や健康保険証などの書類を提示する必要があるほか、信用調査などが厳しく行われる可能性もあります。特に過去に債務整理などの金融事故を起こしている場合には非常に厳密に審査されるため、注意が必要になります。
又、アイフルでは金利優遇キャンペーン等が行われることも有りますが、在籍確認なしとした場合にはこのような優遇措置が受けられない可能性もあります。さらに、借入限度額が制限されることも有ります。アイフルで在籍確認なしとする場合には、このようなデメリットが有ることを認識した上で行うことが大切です。